Loading…

在庫の運用効率を上げ
売上・粗利・キャッシュフローを
最大化する
在庫分析クラウド

フルカイテン株式会社
代表取締役 瀬川直寛

01

6種類の
機会損失を解消

02

データ集計・計算を
自動化

03

異チーム間の
情報格差を解消

在庫分析機能でこんな課題を解決

プロパー消化率を上げたい
EC売上を増やしたい
店舗売上を増やしたい
少ない在庫で事業を回したい
エクセル業務の負荷を下げたい
社員の業務レベルを平準化したい

具体的には、
6種類の機会損失を解消し
売上・粗利・キャッシュフローを
最大化します!

機会損失 ①

値引きによる
機会損失を防ぐ

クオリティ分析
機会損失 ②

販売単価ロスによる
機会損失を防ぐ

単価分析
機会損失 ③

売れ残りによる
機会損失を防ぐ

中央倉庫分析

開発中2021年順次リリース

機会損失 ④
店頭在庫の欠品を防ぐ
ディストリビュート分析

店舗在庫の欠品による機会損失を防ぎ、売上・粗利を最大化する機能。
店舗ごとの販売力を考慮し、最も効率的に在庫消化が進むよう在庫移動を自動計算しリスト化。

機会損失 ⑤
倉庫在庫の欠品を防ぐ
補充発注

倉庫在庫の欠品による機会損失を防ぎ、売上・粗利を最大化する機能。
再発注すべき商品の発注数を販売予測値・在庫数・発注残・リードタイムを考慮し自動算出。

機会損失 ⑥
旬の見逃しを防ぐ
ギャップ分析

旬の見逃しによる機会損失を防ぎ、売上・粗利を最大化する機能。
月次または週次で、売上や粗利について前年実績と本年推移のギャップを分析し販売を強化すべき商品をリスト化。

  • アーノルドパーマー
  • 株式会社アシックス
  • 株式会社アストリア
  • 株式会社ドーム
  • 株式会社イトウゴフク
  • 株式会社インターナショナルスワングループ
  • 株式会社Welleg
  • 株式会社 エイ・ネット
  • 株式会社エンジェリーベ
  • 株式会社大西
  • 株式会社オンワード樫山
  • 株式会社カイタックホールディングス
  • 株式会社キムラタン
  • グロウ株式会社
  • 株式会社コダマ
  • 株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン
  • 株式会社ジャパンブルー
  • 株式会社ジャペックス
  • 助野株式会社
  • タオル美術館
  • 株式会社DRESS DESIGN WORKS
  • 株式会社dazzy
  •  東京シャツ株式会社
  • 日仏商事株式会社
  • 株式会社パル
  • 株式会社ピーアンドエム
  • 株式会社フェリシモ
  • ファイテン株式会社
  • 株式会社寿屋
  • ヘンリーコットン
  • メーカーズシャツ鎌倉株式会社
  • 株式会社メンズスタイル
  • 株式会社ヤマップ
  • 株式会社リアルマックス
  • 株式会社レイ・カズン

FULL KAITENの導入成果を
紹介します

導入事例

導入と活用を徹底サポート

システム導入支援

データインテグレーション

どんなシステム環境でもFULL KAITENにデータを自動連携できるよう専任のチームがサポート
    ビルドアップ(2ヶ月)
  • 必要なデータの説明
  • 貴社データの理解(売上、在庫、商品マスタなど)
  • 貴社システム環境に合わせたデータ連携方式の決定
  • 貴社データをFULL KAITEN形式のデータに変換するためのロジック設計、およびデータ変換プログラムの開発データ連携テスト

システム活用支援

カスタマーサクセス

単なる操作説明ではなく、専任担当が導入企業ごとに成果支援プログラムを個別作成し並走するサポート
    オンボーディング(3ヶ月)
  • データを一緒に見て施策を検討
  • 操作方法の説明
  • 施策の実行と振り返り
  • 成果を出す勝ち筋の発見
  • 中長期で実現する成果の決定
  • 毎週1回の定例ミーティング
  • アダプション(3ヶ月)
  • 成果を出す勝ち筋の業務への落とし込み
  • 成果を出す勝ち筋の拡大
  • 自走を目的とした業務への落とし込み
  • 定例ミーティング

「在庫を粗利に変える」
FULL KAITEN

6種類の機会損失を解消し
在庫の運用効率を改善

FULL KAITENは小売業の在庫運用効率を上げ、売上・粗利・キャッシュフローを最大化する革新的なSaaSです。

これまで小売業は在庫をたくさん持つことで売上を作ってきました。しかしそのせいで値引きが多発し収益性が悪化、また売れ残った在庫は資金繰りをも悪化させ、長らく小売業界は低利益に喘いでいます。

こういった問題はもちろん小売業界でも認識されており、よく用いられる在庫分析手法もいくつか存在します。しかしそれらでは解決することができず、在庫問題は業界の宿命的課題として何十年も放置されているのが実情です。

FULL KAITENはこの宿命的課題に対して全く新しい解決策を提供します。
具体的には、6種類の機会損失を解消することで在庫の運用効率を上げ、売上・粗利・キャッシュフローを最大化します。これまでのように在庫の量に頼って売上を作る必要はありません。

私たちは、小売業界が在庫の運用効率を上げ、売上・粗利・キャッシュフローを最大化できるようFULL KAITENの導入企業を増やし、「世界の大量廃棄問題を解決する」というミッションを実現します。

新着情報

一覧
「在庫を粗利に変える!」
セミナー開催情報
代表取締役・瀬川が語る
縮小する国内市場で
勝ち抜く粗利経営

もっとFULL KAITENを
知りたい方へ