Loading…

パルグループホールディングスが在庫分析クラウド『FULL KAITEN』を新規導入

フルカイテン株式会社は、総合雑貨「3COINS」やカジュアル衣料「Discoat」など約50のブランドをもつ大手ファッション企業、株式会社パルグループホールディングス(本社・大阪市中央区、代表取締役社長・井上隆太、証券コード:2726)がFULL KAITENを新たに導入し、システムが稼働したことをお知らせします。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、パルグループHD様はEC売上を大きく伸長させていますが、さらに事業を成長させるために在庫の運用効率を上げる(できるだけ多くの売上・粗利を稼ぎ、在庫を消化させる)ことが課題となっていました。
今回、在庫DXクラウドサービスFULL KAITENを導入することで、手もと在庫の中から隠れた売れ筋商品を見つけ出すことが可能になります。この結果、プロパー消化率の向上と値引きの抑制を実現します。これにより弊社は、パルグループHD様の売上・粗利・キャッシュフローの最大化に貢献してまいります。

在庫の中から“隠れた売れ筋商品”を見つけ出す

パルグループHD様は数々のアパレル、雑貨販売の事業会社を傘下に持つ持ち株会社で、主要事業会社の株式会社パルが1973年(昭和48年)に創業したのがグループの始まりです。現在は連結売上高1,085億円(2021年2月期)、店舗数は932を数え、ファッションからライフスタイルまで様々なブランドを展開しています。

パルグループHD様は、実店舗の営業が制限され客足も遠のいたコロナ下でECに注力しました。その結果、2021年2月期はEC比率が前期比13.3ポイント上昇の31.4%に達し、EC売上高も前期比34.7%の増加となりました。

小売業をはじめとする在庫ビジネスにおいて、事業成長のために在庫は必要不可欠ですが、いくら売上が増加しても、在庫も同じように増えてしまっては、大手企業といえども資金繰りなど経営上の問題が出てきます。
かといって、単に在庫を減らすだけでは事業規模の縮小につながります。なおかつコロナ下の小売業界は需要の蒸発に加え、人口減少と高齢化が相まって縮小市場となっており、在庫を多く保有してやみくもに売上規模だけを追う従来のビジネスモデルは通用しなくなりつつあります。

このため、在庫の運用効率を上げ、より少ない量の在庫で売上・粗利・キャッシュフローを最大化させるビジネスモデルへの転換を目指す企業が増えてきました。

パルグループHD様はEC事業を急成長させるなかで、こうした課題をいち早く認識し、在庫を不必要に増やさず、手持ち在庫の運用効率を上げることで売上・粗利を増やす事業構造を定着させるため、FULL KAITENの導入を決定しました。

そしてこの度、パルグループHD様と、FULL KAITENバージョン3.0との間のデータ整備および連携が完了し、システムが稼働しました。

【会社概要】
社名: 株式会社パルグループホールディングス
URL: http://www.palgroup.holdings/
本社: 大阪市中央区道修町3-6-1
設立: 1973年10月
代表者: 代表取締役社長 井上隆太
事業内容: 衣料品・雑貨の販売
従業員数: 41名=単独、3,418名=連結(2021年2月現在)

→NEWSCASTでも公開しています

特徴やメリットがわかる資料はこちら

「在庫を利益に変える」
セミナー開催情報
代表取締役・瀬川が語る
アパレル業界の
縮小する国内市場で
勝ち抜く粗利経営