Loading…

3月決算アパレルも2021春夏は発注2~3割削減。少ない在庫で粗利確保へ/20年4~12月決算まとめ

フルカイテン株式会社は、大手上場アパレル企業が2020年4~12月に仕入れ(発注)を抑制した実態を調べ、売上ではなく粗利(売上総利益)や利益率を第一に考える経営への転換について考察するレポートを作成しました。なお、弊社は2月期・5月期・8月期決算の主要なアパレル企業16社の20年3~11月における決算をまとめた別のレポート「アパレル2021春夏は例年より少ない在庫で売上を作る勝負に」を本年1月26日に公表しており、本レポートはその続編となります。

要点は次のとおりです。

  • 2020年4~12月は主要7社のうち決算未発表1社を除く6社が前年よりも仕入れを抑制
  • 在庫消化を無理にでも進めた会社と進めなかった会社に二分された
  • 2021年春夏物の仕入れは20年秋冬物よりさらに抑制されているとみられる
  • 需要が消失する今後は例年より少ない在庫で事業を成長させるため、「粗利第一」の経営が必須に

レポートは下記からダウンロード可能です。

FULL KAITEN CONFERENCE 2021「New Retail Way」過去の成功体験を打ち破れ!〜変わる小売経営者だけが生き残る〜
「在庫を粗利に変える!」
セミナー開催情報
代表取締役・瀬川が語る
縮小する国内市場で
勝ち抜く粗利経営

もっとFULL KAITENを
知りたい方へ