Loading…

アパレル2021春夏は例年より少ない在庫で売上を作る勝負に/2020年3~11月決算まとめ

フルカイテン株式会社は、大手上場アパレル企業が2020年3~11月に仕入れ(発注)を抑制した実態を調べ、売上ではなく粗利(売上総利益)や利益率を第一に考える経営への転換について考察するレポートを作成しました。

要点は次のとおりです。

  • 2020年3~11月は主要16社のうち14社が前年よりも仕入れ額を抑制
  • 11月末の在庫高は前年を下回っているとはいえ、売上の減少度合いと比べると減少幅は小さい
  • 2021年春夏物の仕入れはさらに抑制されているとみられる
  • 需要が消失する今後は例年より少ない在庫で事業を成長させるため、「粗利第一」の経営が必須に

レポートは下記からダウンロード可能です。

もっとFULL KAITENを
知りたい方へ