Loading…

アパレル市場規模は2025年に1兆円超縮小し8兆円割れへ…需要消失時代が到来

弊社は、年代別の消費支出や年収、衣料品の購買の推移を調査し、我が国のアパレル市場が受ける影響について考察するレポートを作成しました。要点は次のとおりです。

  • 1998~2018年の20年間の給与所得者の年収をみると、65歳以上の高齢者と現役世代でおよそ7%、37万円もの世代間格差が生じている
  • 現役世代の年収減少により、年齢層別の消費支出は1999~2014年の15年間で最大約16%、月62,000円余減少
  • 高齢者のアパレル消費は現役世代より3割少ない
  • アパレルの代表的な品目である「婦人服」の2019年の購入単価は1999年と比較して約12,000円下がった
  • 現役世代の消費力減退とアパレル消費が少ない高齢世帯の急増、購入単価の下落により、アパレルの市場規模は2025年には1兆円超縮小して8兆円割れも
  • 1998~2018年の20年間の給与所得者の年収をみると、65歳以上の高齢者と現役世代でおよそ7%、37万円もの世代間格差が生じている
  • 現役世代の年収減少により、年齢層別の消費支出は1999~2014年の15年間で最大約16%、月62,000円余減少
  • 高齢者のアパレル消費は現役世代より3割少ない
  • アパレルの代表的な品目である「婦人服」の2019年の購入単価は1999年と比較して約12,000円下がった
  • 現役世代の消費力減退とアパレル消費が少ない高齢世帯の急増、購入単価の下落により、アパレルの市場規模は2025年には1兆円超縮小して8兆円割れも

レポートは下記からダウンロード可能です。

FULL KAITEN がもたらす変革を体感してみませんか