Loading…

在庫の現金化を終え、次は定価の値下げへ。米Gapの取り組みは粗利改善への道

フルカイテン株式会社は、世界を代表する衣料品SPAの1つである米ギャップ(Gap Inc.)が新型コロナウイルス危機下で取り組んだ一連の施策について、開示資料などを基に考察するレポートを作成しました。

要点は次のとおりです。

  • ギャップ社は新型コロナウイルス危機下の2020年度上半期(2~7月)、粗利率の大幅な悪化も厭わず在庫の現金化を優先し、四半期末在庫を減らしたと推察される
  • 「少ない在庫で多くの粗利を生む力」を示す指標であるGMROIは2017年度がピーク。コロナ禍より前から低下傾向にあった
  • 本年8月下旬から定価を値下げして当初から従来のセール時に近い価格での販売を開始。在庫高を維持できればこの値下げは粗利増加という結果を伴って成功する
  • 縮小市場における粗利第一経営への変革のモデルケースの1つになる

レポートは下記からダウンロード可能です。

FULL KAITEN がもたらす変革を体感してみませんか