Loading…

【6/29(火)開催】<ニューロープ×フルカイテン共催ウェビナー>【トレンド分析+パーソナライズ+在庫最適化】”合わせ技” でアパレルの収益はどこまで改善できるか?

コロナ以前から国内アパレルの市場は縮小傾向にありました。このトレンドは長期的に見ても反転することはないでしょう。

一方で収益性に目を向けると、そこには大きな伸びしろがあります。売り切るための大幅な値引きや、それでもなお売れ残るデッドストック、反面でシーズン早々に売り切れてニーズを取り逃す機会損失など、需要のミスマッチが目立ちます。そしてコロナ以降、多くの企業が売上のアップサイドではなく、この収益性に注目しています。

これらの問題は複雑なサプライチェーンや予測の難しい天候、恣意的にトレンドを生み出しにくいSNS以降の情報化社会など、様々な要因が絡んでいるため、1つのソリューションですべてを解決することはできないでしょう。

そういった前提条件がある中で、現在どのような手法があるのか。それらを組み合わせてどこまで改善することができるものなのか。
在庫問題に取り組むフルカイテン代表の瀬川氏と、アパレルのトレンド分析やパーソナライズに取り組むニューロープ代表の酒井氏が「現在地」と「未来」を語ります。

→詳細はこちら

「在庫を粗利に変える!」
セミナー開催情報
代表取締役・瀬川が語る
縮小する国内市場で
勝ち抜く粗利経営

もっとFULL KAITENを
知りたい方へ