Loading…

フルカイテンとプレイド、システム連携による小売業向け新サービスの共同実証実験を開始

フルカイテン株式会社は、CX(顧客体験)プラットフォーム『KARTE』を提供する株式会社プレイドと共同で、小売企業がデータに基づいて商品が売れない原因を考察し、顧客一人ひとりに合わせて最適な販促施策を展開できるようにすることを目的として、実証実験(PoC)を開始することをお知らせします。FULL KAITENによる在庫分析で「隠れた売れ筋商品」に分類された在庫商品に対して、サイトやアプリの訪問者の行動をリアルタイムに解析し、その人に合った体験を設計できるKARTEによって立案した販促施策を実行し、売れ行きの改善や値引きの抑制がどの程度実現するかを検証します。

→プレスリリースを見る

もっとFULL KAITENを
知りたい方へ

「在庫を利益に変える」
セミナー開催情報
代表取締役・瀬川が語る
アパレル業界の
縮小する国内市場で
勝ち抜く粗利経営