小売業界の2021総括&22年展望 売上第一から粗利第一への変革真っただ中に 在庫分析クラウド「FULL KAITEN」瀬川の年末談話

在庫の効率を上げる在庫分析クラウドサービス『FULL KAITEN』を開発し小売業向けに提供するフルカイテン株式会社(本社・大阪市福島区、代表取締役・瀬川直寛)は、小売業界における2021年の動きを総括するとともに2022年から起きる変化を展望し、瀬川の談話として公表します。売上第一から粗利第一への変革真っただ中にいる小売企業が、新型コロナウイルスの影響で変化した消費動向と、それが企業経営にどのように影響するのか、瀬川の視点で説明します。

→プレスリリースを読む

もっとFULL KAITENを
知りたい方へ

「在庫を粗利に変える」
セミナー開催情報
代表取締役・瀬川が語る
縮小する国内市場で
勝ち抜く粗利経営