通販新聞にFULL KAITENの新機能である「追加発注」「ディストリビュート分析」に関する記事が掲載されました

通販新聞(2021年12月23日号)に、弊社が開発する『FULL KAITEN』バージョン3.0に追加発注機能とディストリビュート分析機能を新たに実装したことを紹介する記事が掲載されました。

FULL KAITEN利用企業は追加発注機能を使うことで、売り切れてしまいそうな商品をどれだけ発注すれば良いかや、追加発注すべきでない商品はどれかをSKU単位で可視化できるため、欠品を防ぐとともに発注過多による売れ残りを回避することができます。
また、ディストリビュート分析機能を使うことで、各店舗の販売力を考慮し、最適な在庫補充数や倉庫へ引き揚げる数量を自動計算できるようになります。

もっとFULL KAITENを
知りたい方へ

「在庫を粗利に変える」
セミナー開催情報
代表取締役・瀬川が語る
縮小する国内市場で
勝ち抜く粗利経営