Loading…

繊研新聞に弊社が作成した調査レポート「コロナ下2回目の4~9月期決算、アパレルはキャッシュフロー改善に重い課題」に関する記事が掲載されました

本日付の繊研新聞に、弊社が2021年11月19日に公表した調査レポート「コロナ下2回目の4~9月期決算、アパレルはキャッシュフロー改善に重い課題」を引用して内容を紹介する記事が掲載されました。
概要は次の通りです。

  • 全7社の在庫効率(GMROI)が前年より改善したが、コロナ禍前の2019年と同水準に回復しているのは2社にとどまった
  • フリーキャッシュフロー(企業活動で稼いだ現金のうち自由に使える現金)は5社(2社は非開示)のうち3社が赤字であり、現金創出力は二極化

→レポートはこちら

もっとFULL KAITENを
知りたい方へ

「在庫を利益に変える」
セミナー開催情報
代表取締役・瀬川が語る
アパレル業界の
縮小する国内市場で
勝ち抜く粗利経営