Loading…

繊研新聞にFULL KAITENの機能強化(重点SKUを可視化)に関する記事が掲載されました

本日付の繊研新聞に、FULL KAITENの「消化率向上機能」にかかる売上貢献度が高い商品・低い商品を絞り込む新機能の実装を紹介する記事が掲載されました。全ての在庫は商品ライフサイクル(PLM)的に売れ残りリスクと売上貢献度という独立した2軸によって評価することができますが、新機能はその2軸評価を可視化するものです。

→プレスリリースはこちら

「在庫を粗利に変える!」
セミナー開催情報
代表取締役・瀬川が語る
縮小する国内市場で
勝ち抜く粗利経営

もっとFULL KAITENを
知りたい方へ