Loading…

【終了しました】『ユニクロ対ZARA』著者・齊藤 孝浩氏登壇 「コロナ禍を生き抜く在庫マネジメントとは? 資金力で不利な中小企業の生き残り戦略」/2020.11.11

突然のコロナ禍、2025年以降は50年にわたって毎年100万人前後の人口減少が起きる市場縮小、日本の小売業界を取り巻く環境は決して明るくありません。

本ウェビナーでは、『ユニクロ対ZARA』著者であり、在庫最適化コンサルタントとして数多くのアパレル企業を支援している齊藤 孝浩氏が、二社のビジネスモデルの強みを解説し、

ユニクロ・ZARAのような巨大資本を持たない企業でも実践できるコロナ禍の生き残り戦略をリアルな事例をもとにご紹介いただきます。

後半は、齊藤氏とフルカイテン代表・瀬川が「粗利第一経営」をキーワードにコロナ禍を生き残るために今できることは何かを議論します。

ユニクロ・ZARAの強さの秘訣だけでなく、在庫最適化のプロが実践している事例を知ることができるまたとないチャンスです。お聴き逃しなく!

→詳細はこちら

FULL KAITEN CONFERENCE 2021「New Retail Way」過去の成功体験を打ち破れ!〜変わる小売経営者だけが生き残る〜
「在庫を粗利に変える!」
セミナー開催情報
代表取締役・瀬川が語る
縮小する国内市場で
勝ち抜く粗利経営

もっとFULL KAITENを
知りたい方へ