Loading…

アイアパートメント×フルカイテン×ネクスウェイ共催セミナー 小売業界のこれからの展望とニューノーマルでの新しい実店舗の在り方 を開催しました

フルカイテン株式会社は2020年11月12日、売場状況やVMDの即時共有を実現するアプリの株式会社ネクスウェイ、VMDのコンサルティングを手掛けるアイアパートメント合同会社と共同で、オンラインセミナー「小売業界のこれからの展望とニューノーマルでの新しい実店舗の在り方 ~明日から使えるMD・販促戦略について徹底議論~」を開催しました。すぐに応用できるMD・販促戦略や実店舗が果たす役割について、具体的な事例を交えて3者が講演するとともに、ディスカッションを行いました。

→開催概要はこちら

各講演の概要を以下にご紹介します。3人によるディスカッションは別途、レポートにまとめており、下記リンクからダウンロードできます。

セミナーではまず、弊社代表・瀬川直寛が「小売業界の『ビジネスモデル変革』最前線~人口が年100万人減少する需要消失時代を生き抜く~」と題して講演しました。縮小市場において、従来の売上至上主義ではなく「粗利」を第一に追う経営への変革が重要であると強調。粗利を増やすには、「在庫の質を可視化し、値引き販売と評価減(商品評価損)を最低限に抑える必要がある」と説きました。

次に、アイアパートメントCEOの五十嵐雅浩氏が登壇しました。「顧客を魅了する お店づくりの秘密を大公開!~没入感ある導線デザイン&感情移入VMD編集のテクニック~」をテーマに、消費者の琴線に触れる導線づくりや顧客が感情移入しやすいVMDの重要性を説きました。

そしてネクスウェイ販売支援事業部の覚前真奈実氏が「消費者が実店舗にいま求めること~店舗間情報共有で魅力ある店舗を実現~」と題して講演しました。新型コロナウイルス危機でEC販売比率が上がり、ネット広告費が急騰するなか、実店舗には低コストで顧客を獲得する役割があると強調。顧客にファンになってもらうには、魅力的な売り場づくりの重要性がいつにも増していると述べました。

FULL KAITEN がもたらす変革を体感してみませんか