オンラインセミナー:お申し込み

好調な卸は「売れ筋商品」に頼らない~取引先の業績に影響されず売上を増加する在庫DX~

こちらのセミナーの募集は終了しました。

こんな課題をお持ちではないですか?

  • コロナの影響で取引先の業績が下がっている
  • 出荷する商品が偏っている
  • 出荷数が減ったので在庫が膨れ上がっている

「出荷する商品が偏り、在庫がどんどん膨らんでしまう」

卸売企業からはこんな悩みをよく耳にします。
小売業界は、コロナの影響により業績が悪化し仕入れを抑制したため、卸売企業もこれまで以上に「出荷する商品の偏り」と「在庫の膨らみ」が顕著になっているという相談が弊社に寄せられています。

しかし、小売企業は業績が悪化すると全く仕入れをしないのでしょうか?

そんなことはありません。
小売企業は、業績が悪い中でも少しでも売上を作るため「売れる可能性が高い商品」なら仕入れを行っています。つまり、「出荷する商品の偏り」と「在庫の膨らみ」という問題は、卸売企業が小売企業に「売れる可能性が高い商品」を提案できていないことが原因なのです。

では「売れる可能性が高い商品」とはどんな商品のことでしょうか?

実は営業担当者が把握している「売れ筋商品」以外に、「隠れた売れ筋商品」が存在するのです。
本ウェビナーでは、コロナ禍で小売企業の業績が悪化する中でも、売上増加と在庫削減に成功している卸売企業の具体的な販売戦略と、そのカギとなる「隠れた売れ筋商品」の見つけ方を在庫DXクラウドサービスFULL KAITENを用いて説明します。

Speaker

Speaker
フルカイテン株式会社 代表取締役
瀬川 直寛

慶應義塾大学理工学部で天然ガスの熱力学変化に関する予測モデルを研究。
ベビー服ECの経営者として、在庫問題が原因で3度の倒産危機に直面。それを乗り越える過程で外的要因や予測不能な変化に強い小売経営モデルである在庫実行管理(IEM = Inventory Execution Management)を生み出す。
さらなる研究の末、IEMを実践するツールである『FULL KAITEN』を開発。2017年11月、FULL KAITENをクラウド事業化し、SaaS型システムとして販売を開始した。
2018年9月にはEC事業を売却し、FULL KAITENに経営資源を集中している。
IEMは「売上・粗利の増加」と「在庫削減」を両立できるアプローチ、またその実践ツールであるFULL KAITENは「今ある在庫」のポテンシャルを引き出すことで売上・粗利を最大化できる在庫DXクラウドとしての評価を確立。現在、全国の大手アパレル企業やスポーツメーカーなどで導入が進んでいる。

Agenda

  • ご挨拶
  • 今日のテーマ
  • 優秀な卸営業を解剖
  • 仕組み化
  • FULL KAITENによる課題解決①「売れ筋商品情報を提供する」
  • FULL KAITENによる課題解決②「動きをマネージメントする」
  • 実績
  • ※Agendaは状況により変更となる可能性がございます

開催概要

  • 開催日:2021年2月18日(木)
  • 開催時間:11:00~12:00(60min)
  • 参加費:無料
  • 視聴方法:Zoomでのオンライン配信

    ※Wi-Fi環境など高速通信が可能な電波の良い所でのご視聴をお勧めいたします

本セミナーは、講演者も自宅から出演する形式です。
お申し込みいただいた方へのみ、視聴用のURLをご案内いたしますので、皆さまもご自宅などからご視聴いただけます。

「在庫を粗利に変える!」
セミナー開催情報
代表取締役・瀬川が語る
縮小する国内市場で
勝ち抜く粗利経営

もっとFULL KAITENを
知りたい方へ