Loading…

【8/6開催】<在庫文脈で語るDX>コロナで変わった小売経営の潮目!

withコロナにより、小売・アパレル業界は在庫過多への問題意識が高まっています。
在庫過多の解決手段として『需要予測による適正発注』が有効と言われていますが、そこには大きな落とし穴があります。
4年後の2024年には、第一次ベビーブーム世代が全員75歳以上となり、毎年150万人以上もの人口が減っていく日本。
ここからの4年間は、生き残りを賭けた事業変革が求められる期間となります。

本ウェビナーでは、DXを在庫文脈で語り、『棚卸資産』を回転させBS脳という会計的視点で見る在庫マネジメントについて徹底解説いたします。
スピーカーである弊社代表の瀬川は、元ベビー服EC経営者で在庫問題起因で3回の倒産危機を乗り越えました。
その実体験から生まれた、外部的要因や変化に強い小売経営モデルに注目です!

→ 詳細はこちら

FULL KAITEN がもたらす変革を体感してみませんか