Loading…

在庫削減はこうやる!

欠品リスクと過剰仕入れリスクをどちらも低減
FULL KAITEN による仕入れ最適化方法とは?

このページでは『仕入れ最適化』を実現するための方法を簡単に説明し、 それを実行するためのツール FULL KAITEN をご紹介します。

FULL KAITEN は、 大手企業や楽天ショップオブザイヤー受賞店舗の 仕入れ最適化に貢献している今話題のツールです。

仕入れ最適化のポイント

最適な仕入れとは?

  • 曲線の内側(斜線部分)の面積が売れた数量
  • 反対に、曲線の外側は売れ残った数量
  • つまり、曲線の内側斜線部分の面積をなぞるような仕入れ数量が、最適な仕入れ数量

失敗する仕入れとは?

  • 発注点(在庫が何個になったら追加で何個仕入れる)で仕入れ数量を決めると失敗する
  • 発注点ルールは、赤点線のように商品が一定のペースで売れ続けることを前提としている
  • つまり、点線の下の斜線部分が売れる数量という前提

発注点が生む欠品リスク

発注点を固定したせいで、
実は売れたはずの数量を不足させてしまっている

需要が上振れしているときは、「売り逃がし」をしてしまっているわけですね。

発注点が生む過剰仕入れリスク

発注点を固定したせいで、
売れない数量を余分に仕入れてしまっている

商品が一定のペースで売れ続けることなんてまずないですから、発注点を固定した時点で欠品と過剰仕入れのリスクが生まれるんですね。

まとめ:仕入れ最適化の成功パターン

発注点を商品ごとに変動させ、
欠品リスクと過剰仕入れリスクの両方が
最も小さくなる数量で仕入れる

FULL KAITEN は
最適な仕入れ数量を
自動算出

もし商品が何千・何万・何十万SKUもあると、
人力で商品ごとに発注点を変動させて
最適な仕入れ数量を算出するのは困難ですが、
FULL KAITEN はそれを自動化するクラウドサービスです。

需要分析

AIがSKUごとに
未来の販売数量を予測

SKUごとに
売上への貢献度合いも予測

SKUごとの
在庫数・発注残も考慮

仕入れ最適化

SKUごとに欠品リスクと過剰仕入れリスクの低い仕入れ数量を算出

仕入れ数量の算出には納品リードタイムやロット数も考慮

仕入れ数量を変更すると完売予想日を瞬時に再計算

仕入れたい商品のリストをCSVダウンロード

FULL KAITEN の
導入メリット

  • 仕入れ精度を向上させ欠品と過剰仕入れを低減できる
  • 売れない商品を間違って仕入れることがなくなる
  • 経験と勘に頼った仕入れから脱却できる
  • 特定の社員にノウハウが偏らず仕入れレベルが安定する
  • 売上増加に貢献する攻めの仕入れができる
  • 仕入れ業務が圧倒的に少人数でできる

FULL KAITEN は大手企業や
楽天市場のショップオブザイヤー受賞店舗などに導入されています。

導入企業一覧

お客様の声
Tokyo Otaku Mode Inc.

導入企業様

社員の意識や気持ちが、かなり変わってきたなという気がします。
今までは仕入れるところまでがゴールでしたが、販売開始してからも、自分が仕入れたものがどのくらい動いているのか?ちゃんと売れてるのか?を気にするようになりましたね。

また、仕入れ部門のメンバーから、ある商材をもっと多く仕入れたいので、SNSでのキャンペーンをやってくれないか?とか、そういう発言も出てくるようになりました。販促チームはその話を受けて、ここをこうやってみようとか、施策をつくっています。

仕入れと販促の部門間コミュニケーション量も増えてきたなと実感しています。

→ 仕入れ最適化の事例を見る

在庫問題に特化した
FULL KAITEN

“日本初”の優位性

現状では、FULL KAITEN と同様のサービスは日本には存在しません。
そのため、多くの導入企業の仕入れ最適化ノウハウが、FULL KAITEN に集中しています。

テクノロジー面の優位性

FULL KAITEN で仕入れ最適化が可能なのは、特許出願中の『変動発注点』という独自のコアテクノロジーがあるからです。
また、予測精度を高める目的で、計算の一部ではAIも使っています。

料金面の優位性

クラウドサービスであるため、AIを用いた仕入れ最適化システムをオーダーメイド開発するより圧倒的に安価です。
また、AIや統計学に明るい人材の採用コストや人件費と比較しても、FULL KAITEN の利用料金はたいへん安価に設定されています。

数千以上のSKUを扱うようになると、欠品と過剰仕入れの低減は重要な経営課題になります。

だから、在庫分析をして最適な仕入れ数量を予測したくなるのですが、AIや統計学などの高度なスキルを持つ人材が必要になることや、人力で行うにはSKUが多すぎるという問題があります。

FULL KAITEN を導入すると、仕入れをしたいときに自動的に最適な数量を知ることができます。

仕入れ最適化に課題を抱えられている小売業・卸売業・メーカーの皆さま、ECでも実店舗でも対応可能ですので、ぜひお問い合わせください。

代表取締役 瀬川直寛

仕入れ最適化機能の
デモを見る

実際の画面をご覧いただきながら、FULL KAITENの利用方法や導入メリットをご説明します。