Loading…

消化率向上

隠れた人気商品で売上を増やし、結果として在庫を削減

消化率向上機能

隠れた人気商品を
見える化

完売予測日数に応じて3分類

全ての在庫をSKU単位で分析。完売までの予測日数に応じて3段階に自動分類します。

  • フル回転 :よく売れていて売り切れそう
  • 過剰 : 普通に売れているが売り切れなさそう
  • 不良 : 全然売れておらず売り切れなさそう
売上貢献度が高い商品を見逃さない

商品は一つひとつ、売上への貢献度や在庫リスク(売れ残りリスク)が異なります。
「過剰在庫」と「不良在庫」に分類されている商品の中でも、売上貢献度には優劣があります。販売数や売上金額の上位1000SKUを重点商品として見つけ出すことができるので、重点的に販促を強化して売上を増やすことができます。

「過剰在庫」の中から
販促にぶつける商品を決める

在庫リスク悪化の兆候を見逃さない

過剰在庫には、販促が手薄なだけで実はしっかり売れる隠れた人気商品が多く含まれていますが、放置すると売れ残りリスクが高まります。
売上が上位の商品や、現在庫数が大きい商品を検索することで、そうした隠れた人気商品を絞り込むことができます。これらの商品の販促を強化すれば、「今ある在庫」でまだまだ売上を増やすとともに、消化を促して在庫を減らすことが可能になります。

同じ「不良在庫」でも
商品力は千差万別

不良在庫にも隠れた人気商品はある

ひと口に「不良在庫」といっても、完売予測日や在庫数には大きな差があります。例えば、コンスタントに売れているものの、何らかの理由で現時点の在庫量が多いだけの商品は、不良在庫に分類されていても、まだまだ利益を出しながら販売できる商品です。
そうした重点商品を探し出し、セールに出すのではなく販促を強化することで、無駄な利益を失わずに済みます。

本当の不良在庫はセールで削減

完売予測日数が長く、在庫量も多い本当の不良在庫は、値引きしてでも消化を急ぐべきです。
これらはセールなどにぶつけることで思い切って削減し、確実に現金を取り戻します。

他の機能を見る

FULL KAITEN がもたらす変革を体感してみませんか