Loading…

ミズノ株式会社・ミズノ公式オンラインショップ

総合スポーツメーカー・ミズノ公式オンラインショップがFULL KAITENの導入を決めた理由とは?

ミズノ株式会社・ミズノ公式オンラインショップ

  • 業態: 総合スポーツメーカー(EC – 自社ドメイン)
  • URL: https://www.mizunoshop.net
  • お話を伺った方:
    • リテイル営業部 ネット販売課 次長 石井洋様
    • リテイル営業部 ネット販売課 課長 伊藤早苗様

Summary

  • 取り扱い商品数が非常に多い中、商品の『小さな動き』を見逃さず、在庫の動きをSKUレベルで可視化するためにFULL KAITENを導入
  • 「アクセスするとすぐに分析結果を見られる」「見てすぐにわかる」ことも導入の決め手に
  • 『ミズノの在庫管理の仕組みをちゃんと理解して、結構細かいところまでカスタマイズ対応してもらえました』

―― FULL KAITENを導入する前の状況と課題について教えてください

伊藤様:
弊社は総合スポーツメーカーというだけあってSKU数が非常に多いです。
在庫のこまかな動きや併売商品等の把握や分析は、難易度が高い上に適正数を算出する決め手になるものがなく、どうしても主力品中心の把握に偏ったり、特に繁忙期は在庫管理業務に時間を割けないことも多々あり、メーカーECとしての「商品の販売力」と「適正在庫」の運用が大きな課題でした。

石井様:
たくさんの商品の中で、爆発的に売れるような『大きな動き』があったり、お客様から問い合わせがあったときなど、その商品が「少なくなっている」または「売り切れた」ことにすぐ気づくことができます。ですが、「少しずつ少しずつ売れて、いつの間にか品切れだった」など『小さいけど販売力のある動き』を持つ商品に気付くことが遅く、結果在庫なしのためにサイトを離脱するお客様も多くいらっしゃったのではと思います。
このような『小さな動き』を見逃さず、在庫の動きをSKUレベルで可視化して対処したいと考えていました。

―― FULL KAITENの導入を決めたときの経緯や、決め手となったポイントを教えてください

石井様:
最初は、EC関連のメディアに載っている情報を見ました。資料をダウンロードしたらすぐ連絡をいただき、「話をしたい」ということですぐに説明に来られました。それが瀬川社長だったんですけどね。

伊藤様:
在庫に関する課題はずっとあり、いろいろなベンダーさんとお会いしていましたが、在庫に特化したツールは聞いたことがなく、どう探していいかもわからなかったというときにFULL KAITENに出会いました。

石井様:
導入の決め手は金額面と、会って話したときにものごとが分かっている人だと思ったことです。どんなにいい仕組みでも、担当の人が相手のことを理解していなかったらそこで大きな差がつくと思います。たとえばECのパッケージにしても、ミズノのいろいろな仕組みを完璧に理解して話してくれる人とそうでない人とでは、同じものを提案されていても全然ちがいます。「社長がECそのものをよく分かっている人だ」と会話の中で感じたので、ここであれば我々の考えていることや困っていることを解決できるだろうなと思いました。

伊藤様:
Excelなどを使って在庫の分析も出来ますが、誰がその分析資料を作るのか、その作成は俗人化しないか、時間もかかるのではという問題もあります。 FULL KAITENは、各担当がアクセスして今の状態がすぐにわかり対策が打てる。業務効率が改善できると思いました。商品の画像もあって分かりやすく、併売商品に関する情報も表示されているので販売施策の参考にもなります。俗人化することなく運用できるところも決め手でした。

―― FULL KAITENと別のシステムを比較検討されましたか?

石井様:
海外のシステム提案してくれる会社もありました。でも、生産にも関わるようなかなり規模が大きな仕組みでしたので、ちょっと違いました。

データをダウンロードして集計・分析するなど、人手をかければできることではありますが、もっと手軽に販売・在庫状況を可視化できるようなものを探していました。それがFULL KAITENでした。同じことができるシステムがないか探してみましたが、見つかりませんでした。

―― 開発したのが8名の小さなベンチャー企業ということに不安はありませんでしたか?

伊藤様:
FULL KAITENを開発した経緯を聞いていると、もともと御社でもECを運営していて、商品をしっかり売るために開発したツールだということでした。
デモを見たり「こういう問題に対してはこういうやり方があります」という話を聞いていて、我々も納得できた部分が多かったです。自社で実際に苦労したからこそ、よく理解されているというのがわかりました。
EC事業者はつまづいたり悩むところはだいたい同じ。その気持ちがわかりあえるのは大きかったです。

―― FULL KAITENを使い始めてみて、「ここはよかった」と感じていただけたところはありましたか?

石井様:
カスタマイズの面で感じました。弊社はかなり複雑な在庫管理をしています。その状況を(理解するのが難しいだろうなと思いつつ)御社に話したあと提案を受けたものを見たらその通りになっていて驚きました。社外の方に説明してもなかなか難しいことが多いのですが、ミズノの在庫管理の仕組みをちゃんと理解して細かいところまでカスタマイズ対応してもらえました。

―― 今後、FULL KAITENを運用していく上での展望をお聞かせください

伊藤様:
まだ導入して間もない状況で、なかなか時間が取れずにいますが、最適な在庫管理に向けて再注力し人員体制も整えていきます。商品の販売力と在庫管理の知見を貯めていきたいです。

石井様:
FULL KAITENをうまく使えば、売上を上げつつ在庫を減らすということができるはずだと感じています。EC事業を今後も拡大していく中で、いつまでも人の力だけでやるのは無理になってくるでしょうから、FULL KAITENのようなツールをフル活用していきたいですね。

あと、弊社のECサイトは取り扱い商品がとても多いですが、「商品詳細ページがそもそも閲覧されているのかどうか」という課題意識があります。せっかく商品と在庫を登録してページを作ったのに、1回も見られることなく倉庫に眠っているだけではもったいないですよね。単純に「売れた、売れてない」だけでなく、「どのくらい閲覧されたのか、閲覧されていないのか」も掛け合わせて見ることで、打ち手が変わってくると思います。アクセス解析ツールには、見られているページは出せますが、見られていないページを出す機能はないですけどね。

伊藤様:
「見られたこと」と「売れたことの」関連性、商品ごとのコンバージョン率がわかると、在庫の最適化からサイトの最適化にもつなげていけるので、今後、こうしたこともFULL KAITENを活かしてできるようになるといいなと思います。

※ ページ上の各種情報は2019年1月時点のものです。

在庫問題の解決なら、FULL KAITENにお問い合わせください

お気軽にご質問、ご相談ください。デモを交えて製品の特徴や活用事例をご説明します。